読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんトモの、コーヒー生活

日々の生活をちょっとだけ豊かにするコーヒーのある時間。おっさんトモがハマっているコーヒーについての話をしていきます。

コーヒーグッズ紹介(マキネッタ/モカ)

とても久しぶりな更新です。

どうも、おっさんトモです。

 

別に、コーヒーネタが乏しかったというわけではないのですが、どうも忙しいと、コーヒーなどという趣向品は隅に追いやられるのですな。

忙しい時にこそ、心にゆとりを取り戻し、また、心に火をともさなければならないのですがね。そう、昔のファイアのCMのように。

 

さて、今日はですね、ずっと紹介しようと思って放置していたマキネッタのご紹介です。

イタリアやフランスの方々は、コーヒーというともっともよく飲まれるのがエスプレッソです。エスプレッソというと、テカテカになるまで深煎りにしたコーヒー豆を極細に挽き、高圧で抽出したものですね。ちょっとしたバルやパブのようなところでは何十万もする業務用のエスプレッソマシーンが置いてあることも多く、濃厚でおいしいエスプレッソを味わうことができます。また、シアトルスタイルの、いわゆるスターバックスコーヒーなどではキャラメルマキアートなどの女性でも飲みやすいエスプレッソを飲むことができますね。

 

余談ですが、カフェラテとカフェオレは、前者がイタリア語、後者がフランス語です。どちらもコーヒーに牛乳を入れたものですが、一般的にはカフェラテというと、エスプレッソにコーヒーを入れたもの、カフェオレというと、コーヒーに牛乳を入れたもののことを言います。

 

イタリアではどれだけエスプレッソが親しまれているかというと、カフェといえばエスプレッソの事を指すくらいです。では、イタリアの家庭に、数十万もする本格的なエスプレッソマシーンがあるかというと、そんなことはありません。

 

僕も、一度は業務用のエスプレッソマシーンに憧れたものですが、そもそもエスプレッソというよりはコーヒー全般を嗜みたいので、そこまで使用頻度の高くないものに貴重なお小遣いを投じてはいられません。

 

では、イタリアの家庭ではどうしているかというと、このような器具を使用しています。

 

f:id:tomoguitar:20160125003849j:plain

この真ん中にあるアルミのピカピカした器具が、マキネッタ、またはモカエクスプレスなどと呼ばれるエスプレッソメーカーです。一般的には、直火式のエスプレッソメーカーと言われます。

 

使い方は、簡単にいうと、中に水とコーヒーをセットして、火にかけます。

詳細は、また別の機会にでもご紹介します。少しですが、ちゃんとクレマも出てくれています。

 

こうして、我が家でもエスプレッソを楽しむことができるようになったわけです。

これと同じくして手に入れたのが、ミルクフローサーというこれです。

 

f:id:tomoguitar:20160125004324j:plain

 

ミルク専用の泡だて器ですね。これは、メーカー各社出していて、僕はKalitaのものを選びました。なんといっても、この艶消しの黒とシンプルなスタンドがとてもスタイリッシュですね。

 

何度か、このミルクフローサーでカフェラテを作り、もちろんこの流れはラテアートだろ!という事で、練習しまくっていますが、なかなかうまくいきません。

いずれ、うまくいったものをご紹介したいですね。

 

カフェラテは非常においしいですよ。ミルクの自然な甘さがコーヒーの苦みを包み込み、何とも言えない濃厚で優しい味わいです。

普通のコーヒーではなく、少しリッチ感を味わいたいときに、マキネッタが大活躍してくれています。

みなさまも、ちょっとした休日の贅沢な時間を過ごされてはいかがでしょうか。