おっさんトモの、コーヒー生活

日々の生活をちょっとだけ豊かにするコーヒーのある時間。おっさんトモがハマっているコーヒーについての話をしていきます。

コーヒーの越冬

どうも、コーヒーを密かに栽培して2年弱。どうも、おっさんトモです。

 

一昨年から始めたコーヒー栽培ですが、昨年株を追加購入しまして、今は8本ほど育てています。

毎年、とても不安なのが、越冬です。

コーヒーの苗は、ある程度適当に育てられるのですが、寒さにだけは非常に弱く、10℃以下の環境ではとても弱ってしまいます。

暖かい時期は、そんなこと全然気にすることなくて、1日おきくらいに水をあげて、カーテンの後ろくらいにおいて適当に陽の光をあててやればどんどん葉が増えていきます。

その時期は、肥料も適度に与えて、成長をどんどん促進してやります。

 

ただ、2月の今はだめですね。

できるだけ水は少なくして、あまり活動をしないようにしてやります。

室内に置いて、できるだけ窓から外して、冷気がかからないようにはしているのですが、そもそも部屋が寒い。

さすがにコーヒーの為だけに24時間暖房をつけておくわけにはいきません。

土日はいいのですが、平日はコーヒーにとっては極寒です。

 

話は変わりますが、ベトナムの人は冬は10℃くらいですが、分厚いダウンを着ていたりします。明らかに寒がりで、40℃近くになる夏でも冷房対策でセーターを着ている人がいるくらい。

 

やはり、コーヒーも南国の植物ですね。

今年も、葉が結構落ちてしまいました。

まだ2年目なので、木もそんなに大きくない。

上のほうの葉はまだ張りがあって元気な感じがしますが、下のほうからどんどん枯れて落ちていきます。

 

これから一番寒い時期を乗り越えれば、春がやってきます。

春が来たら、たくさん水を飲んで、また大きくなってほしいです。

目指せ、日本産アラビカ種コーヒー。

 

焙煎器を選びながら大切に育てて行きましょう。

 

ではでは!

ベトナムコーヒー最高峰

ご無沙汰してます。どうも、おっさんトモです。

 

自称コーヒー好きを謳っているなら一度は飲んでみたいものがありました。

 

世界一高級なコーヒーと聞かれて、皆さんがイメージされるのはなんでしょう?

 

ブルーマウンテン?

スターバックス

 

ほんの一握りの特別な銘柄を除いて私がイメージするのはコピ・ルアクです。

 

以下、Wikiより引用です。

コピ・ルアクインドネシア語:Kopi Luwak)とは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では、コピー・ルアークやコピ・ルアック、ルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。

 

つまり、ジャコウネコの糞から取れる豆です(笑)

 

このコピ・ルアク。有名な産地はもちろんインドネシアなのですが、ベトナムでも一部作られていて、超高級ベトナムコーヒーとして味わう事が出来ます。

 

現地では知らない人はいないという、Trung Nguyen Coffee(チュングエンコーヒー)。

ベトナム勤務の先輩に頼み込んで購入して来てもらいました。

225gでおよそ5000円。

大卒初任給がおよそ2〜3万円のベトナム人からしたら目ん玉飛び出る金額ですよね…

ちなみにこれ、コピ・ルアクが80%のブレンドらしいです。

 

f:id:tomoguitar:20170823005913j:image

Legendという銘柄が誇らしげです。

 

f:id:tomoguitar:20170823010554j:image

 

木箱…っぽいボール紙の箱に入っています。

シールを剥がして開いてみると、

 

f:id:tomoguitar:20170823011003j:image

 

金色の真空パックと一枚の葉っぱ。これはコーヒーの葉っぱですね。

 

f:id:tomoguitar:20170823011055j:image

 

なにやら説明書きみたいなものも入ってたのですが、残念ながらベトナム語は読めません。

 

早速開封。

 

f:id:tomoguitar:20170823011223j:image

 

まず驚いたのがその香り。通常のアラビカ種のロースト直後の甘いような香りはとても好きなのですが、これは…

 

まるでキャラメルやコンデンスミルクの様な甘くて芳醇な香りが立ち上ります。全然糞の香りなどはしませんよ!

 

ベトナムのコーヒーなので本来はベトナム式の器具で飲むものだと思うのですが、あいにくベトナムコーヒーの器具は持ち合わせていないので、ペーパーフィルター&ドリップで淹れました。

f:id:tomoguitar:20170823011918j:image

注意としては、ベトナムコーヒー用なのでしょう、非常に細挽きなので、ペーパーが詰まりやすく落ちにくい事ですね。

エスプレッソと同じ様な挽き方なので、マキネッタで淹れるのもいいかもしれません。

 

肝心の味なのですが、やはりその独特の甘い芳香があり、今まで飲んだどのコーヒーとも違います。ブラックで飲んでいるのですが、既にコンデンスミルクが入っている様な強めの芳香。苦味は強すぎないです。酸味はほとんど感じられません。極細挽きなので、多少ざらついた感じがありますが、これがベトナムコーヒーらしさなのでしょう。

 

酸味が多いアラビカ種に慣れている我々からすると好みが分かれるかもしれませんが、私はこれはこれで非常に美味しいコーヒーだと感じました。

貴重なコーヒーと巡り合わせてくれた会社の先輩と現地の仲間に感謝です。

 

明日、淹れていくんで楽しみにしといてくださいね〜!

 

以上、コーヒーレポートでした。

では、また!

コーヒーグッズ紹介(マキネッタ/モカ)

とても久しぶりな更新です。

どうも、おっさんトモです。

 

別に、コーヒーネタが乏しかったというわけではないのですが、どうも忙しいと、コーヒーなどという趣向品は隅に追いやられるのですな。

忙しい時にこそ、心にゆとりを取り戻し、また、心に火をともさなければならないのですがね。そう、昔のファイアのCMのように。

 

さて、今日はですね、ずっと紹介しようと思って放置していたマキネッタのご紹介です。

イタリアやフランスの方々は、コーヒーというともっともよく飲まれるのがエスプレッソです。エスプレッソというと、テカテカになるまで深煎りにしたコーヒー豆を極細に挽き、高圧で抽出したものですね。ちょっとしたバルやパブのようなところでは何十万もする業務用のエスプレッソマシーンが置いてあることも多く、濃厚でおいしいエスプレッソを味わうことができます。また、シアトルスタイルの、いわゆるスターバックスコーヒーなどではキャラメルマキアートなどの女性でも飲みやすいエスプレッソを飲むことができますね。

 

余談ですが、カフェラテとカフェオレは、前者がイタリア語、後者がフランス語です。どちらもコーヒーに牛乳を入れたものですが、一般的にはカフェラテというと、エスプレッソにコーヒーを入れたもの、カフェオレというと、コーヒーに牛乳を入れたもののことを言います。

 

イタリアではどれだけエスプレッソが親しまれているかというと、カフェといえばエスプレッソの事を指すくらいです。では、イタリアの家庭に、数十万もする本格的なエスプレッソマシーンがあるかというと、そんなことはありません。

 

僕も、一度は業務用のエスプレッソマシーンに憧れたものですが、そもそもエスプレッソというよりはコーヒー全般を嗜みたいので、そこまで使用頻度の高くないものに貴重なお小遣いを投じてはいられません。

 

では、イタリアの家庭ではどうしているかというと、このような器具を使用しています。

 

f:id:tomoguitar:20160125003849j:plain

この真ん中にあるアルミのピカピカした器具が、マキネッタ、またはモカエクスプレスなどと呼ばれるエスプレッソメーカーです。一般的には、直火式のエスプレッソメーカーと言われます。

 

使い方は、簡単にいうと、中に水とコーヒーをセットして、火にかけます。

詳細は、また別の機会にでもご紹介します。少しですが、ちゃんとクレマも出てくれています。

 

こうして、我が家でもエスプレッソを楽しむことができるようになったわけです。

これと同じくして手に入れたのが、ミルクフローサーというこれです。

 

f:id:tomoguitar:20160125004324j:plain

 

ミルク専用の泡だて器ですね。これは、メーカー各社出していて、僕はKalitaのものを選びました。なんといっても、この艶消しの黒とシンプルなスタンドがとてもスタイリッシュですね。

 

何度か、このミルクフローサーでカフェラテを作り、もちろんこの流れはラテアートだろ!という事で、練習しまくっていますが、なかなかうまくいきません。

いずれ、うまくいったものをご紹介したいですね。

 

カフェラテは非常においしいですよ。ミルクの自然な甘さがコーヒーの苦みを包み込み、何とも言えない濃厚で優しい味わいです。

普通のコーヒーではなく、少しリッチ感を味わいたいときに、マキネッタが大活躍してくれています。

みなさまも、ちょっとした休日の贅沢な時間を過ごされてはいかがでしょうか。